Company

企業情報

TOP MESSAGE

代表メッセージ

代表メッセージ

Create a Smart Future

これまでにない技術で、すべての人に豊かな世界を

私は、このFree-Dという会社を既存のインターネットとは異なる、新しいインターネットとも言うべきインフラネットワークとなる「Smart Visual IoT」ネットワークを実現するために設立いたしました。

「Smart Visual IoT」は、様々なネットワークカメラの映像を集約し解析、人々が安心安全に暮らすためのソリューションや仕事の効率を上げるサービスの提供等を行うために活用できるネットワークです。

その実現に向けて、圧縮技術やAIによる映像解析技術を搭載し、ネットワークに繋がる小型のエッジコンピュータと呼ばれる機器の開発を目指しています。

「Smart Visual IoT」が実現したあかつきには、より豊かで、毎日を楽しく過ごせる社会になることを目指しています。

代表取締役 横内 直人

代表取締役 横内 直人

代表取締役・ CEO 横内 直人

代表取締役・ CEO 横内 直人

1995年、米国にある「Art Center College of Design」を修了。
ニューヨークにあるスタジオでWebサイトや紙メディアの広告企画・ディレクターとして勤務。
1998年に帰国し、当時まだ一般的ではなかった、インターネット大規模オークションサイトやECサイトの企画と開発を実施。この時より他では誰もやっていない市場を開拓し事業化することを手がけるようになり、多様な業種のオンライン化、インターネットビジネス化を手がけ始めた。
2009年よりインターネットを活用した映像配信事業の本格化に取り組み始め、インターネット放送局の設立、テレビとインターネットを融合した独自放送網等に着手した。
2015年に、より先進的な取り組みとして、VRのライブ配信事業に取り組み世界初の360°VR映像のライブ配信に成功する。このころより映像のライブ配信には、映像データの重さが問題になると考え、独自の映像圧縮技術開発に取り組み始める。
2017年に、映像は高画質なだけではなく、立体化や空間が高画質映像の次にくると考え、AIの研究に着手を始めた。
こうした、先端技術、事業開発の知見を持って、2018年11月に、既存のインターネットとは異なる新しいインターネットとも言うべき、高画質映像圧縮技術とAI、無線網を組み合わせたインフラネットワークを構築するために、株式会社Free-Dを設立した。

COMPANY PHILOSOPHY

企業理念

企業理念

リアルとデジタルを映像圧縮技術、AI、ネットワーク技術によって融合する

現実世界とデジタル世界を豊かにする

現在の日本社会は、少子高齢化とそれに伴う労働人口の現象、地震や豪雨など自然災害や環境問題など、様々な問題を抱えています。
こうした問題を解決し、人々に今よりも快適で豊かな暮らしをもたらすソリューションとして考えられ、注目されていることが「現実世界」と「デジタル世界」の融合、街のデジタル化「スマートシティ」であり、多くの課題解決に向けた礎となります。このスマートシティを支え、普及させるべく、独自の映像圧縮技術、AI、そしてネットワークを連携させた新しいインターネットともいうべき、インフラを構築することを目指しています。

コロナウィルスの影響で自粛が求められる昨今、リモートワーク、遠隔教育、遠隔医療、リモートコミュニケーション等が必要とされています。わたしたちのインフラネットワークはこうした遠隔作業を手軽に、誰でも快適に活用することができ、働き方や健康、娯楽、安心・安全に必ずや役立つインフラになると確信しております。

私たちは、すべての人が豊かさを享受できるスマートな未来をつくるインフラネットワークを日本から世界に向けて展開していきます。